Page 1
標準

障害が気づかせてくれたこと その2

「文京の教育」の6月号に

 

先月に引き続きコラムを書かせていただきました(^^)

 

 

 

 

 

前回は重度障害の弟がいることで

 

感じたり気づいたことについて綴りましたが

 

今回はその原体験を振り返りながら

 

「笑顔の絶えない家族、常に辛そうな家族の違いや抜け方のポイント」

 

などを書いてみました。

 

 

 

 

こんな思いを元に、笑顔の家庭をたくさん増やしていきたいと日々奔走しています。

 

 

 

35665664_1938508899493035_620260291917119488_n

 

画像だと少し見づらいので

 

本文もアップします。

 

 

 

 

 
弟と今の自分 ②
―障害が気づかせてくれたこと―
 
前回は重度の知的、身体障害を持つ弟がいることで感じたり
気づいたことを中心に綴らせていただきました。
 
今回はその原体験から
今の事業や地域活動などで
大事にしていることを書こうと思います。
 
【地域活動をはじめたきっかけ】
 
今から7年前に文京区に引越てきました。
 
私の生まれは神奈川、妻の生まれは岩手。
 
しかし5年半前に生まれた息子にとっては
生まれ育った地元が文京区。
 
東日本大震災のときに
近所に知り合いがいなかった不安も大きかったのですが
小さな頃から地域にたくさんの友達ができ
多くの大人たちに見守られながら
成長していってほしいという思いから
思い切って地域に飛び出すことにしました。
 
まずは町会に入ってみたり
保育園の役員に手を挙げてみたり。
 
その後子育てサークルの運営や
多世代交流会を社協(社会福祉協議会)職員さんたちと企画したりする中で
気づけばたくさんの家族とのつながりができていました。
 
昨年息子が骨折して1か月入院したのですが
保育園や地域の子育て仲間だけでなく
どこからか噂が広がったようで
区の施設の職員さん、ご近所のお姉さま方など
多岐にわたる方々からありがたいことにお見舞いいただきました。
 
私にいつ何があっても大丈夫だなと思えるくらい
息子は地域の方々に見守られていることに安心した出来事でした。
 
想い返せば不安で孤独な子育てからのスタートでしたが
今では外を移動するたび誰かしら知り合いと挨拶できるようになり
困りごとがあっても地域で支え合えるようになりました。
 
しかし地域活動を通じて新しく知り合う親子の中には
かつての私と同じように不安を抱える方がいらっしゃいます。
 
たくさんの方々に助けてもらって今があるので
楽になった今こそ返していこうという思いから
地域での活動を継続しています。
 
常に新生児とも関われているおかげで
育児スキルも維持できていてありがたい限りです(笑)
 
【“わでかくらぶ”の立ち上げ】
 
転機は障害に対する認識を変えようと
団体を立ち上げたときのこと。
 
日本教育工学研究所・田中保成先生との出会いがありました。
 
教室を生徒がいない時間を
事務所代わりに自由に使っていいよと提供いただきました。
 
田中先生の生徒は何故かみな楽しそうに自ら勉強しており
勉強は嫌々やるものだと思ってきた私には
不思議で仕方ありませんでした。
 
しかしあるとき、受験勉強や試験勉強など
周りと比較され評価されてきたのが
自分は苦痛だったんだと気づきました。
 
比較するのはよその子とではなく、その子自身。
 
その子がどう変化していて
目標に向けてどう向かっているか。
 
その子の過去と今を比べれば
成長しかないんだと気づいたときは衝撃でした。
 
一方で教員の妻や周りの教職員仲間が
多忙で疲弊していく姿も肌で感じました。
 
先生と保護者のすれ違い。
 
そして親と子どものすれ違い。
 
一斉教育故に適応の難しさを感じている子どもたちの苦悩。
 
教育とは畑違いのことをしてきたからこそ
見えた違和感がありました。
 
それぞれに一生懸命頑張っているのに
些細なズレが時間と共に大きなヒビになってしまうんですよね…。
 
子どもは本来何のために、どういう目的で勉強するのか?
 
どうしたら学校生活を楽しめるようになるのか。
 
親子と一緒に考えながら
子どもがその子らしく成長できるサポートをしたい
という想いで
わでかくらぶを設立しました。 
 
【わでかくらぶでの学び】 
 
「わかるおもしろさ、できるよろこび、かんがえるたのしさ」
 
の頭文字を取って【わでか】。
 
塾ではなく、クラブ活動のように
楽しみになる場にしたいという思いを込めて
くらぶと後につけました。
 
学校でも塾でも頑張って勉強しているのだから
家ではリラックスしたいというのは
大人も子どもも同じ。
 
わでかくらぶは家はくつろぐ場所にし
親子でしか学べない、経験できないことに
時間を費やしてほしいと思っています。
 
不登校気味で他の習い事も行けず悩んでいる生徒が
 
「わでかくらぶだけは頑張らなくても行きたくなっちゃうんだよね!」
 
と言ってくれたのが私の自信になっています♪
 
【大事なのは家族の笑顔】
 
前職の通所介護では相談員として多くの家族と関わり
障害に対する支援団体では
多くの障害児を抱える家族と話してきました。
 
そしてわでかくらぶを運営する中で
ある大きな違いと共通することに気づきました。
 
笑顔の絶えない家族、常に辛そうな家族
その違いはどこにあるでしょう?
 
介護との大きな違いは
自分がいなくなったら我が子はどうなるんだろうという不安。
 
高齢者介護は多くの場合親が先に亡くなりますが
子どもとなると逆なので心配になりますよね。
 
わでかくらぶは発達や学習面、学校で悩みを抱える子を
主にサポートしているため
どうしたらこの不安を取り除くことが出来るかを
重点的に見ています。
 
保護者の心配をほぐし余裕が出てくると
不思議と子どもは落ち着きが出てきて
意欲も沸いてくるんです。
 
隣の芝は青く見えるものですが
そもそも生まれたときは健康なだけでありがたいと感じ
首が座っただけでも
つかまり立ちしただけでも
そのたびに感動していたはずなのに
いつから他の子と比べて
不安に思うようになるのでしょう?
 
その延長上に解決の糸口が多く隠されています。
 
親が全て抱え込む必要はありません。
 
ここで共通点ですが
介護においても子育てにおいても
家族だけで完結させないように
うまく「他人の手」を借りることが出来ている家庭には
笑顔が多く見られました。
 
子どもが自立するのに一番必要なのは
人の手を借りる力だと考えています。
 
依存ではなくうまく頼りながら
悩みを一人で抱え込まずに
共有ができる場
自分に合った相談相手や
信頼できる人にいかに出会うかが大事です。
 
また、同じ価値観を共有できる仲間も大事ですが
それ以上に違う世界の仲間と出会うことで
視野も価値観も広がります。
 
ときに傷の舐め合いになってしまっていることも
一歩離れて見てみると意外な解決策に気づけたりするもの。
 
「家族みんなが1年先も10年先も笑顔でいられるためにも
今出来る最善のことについて考えてみませか?」
 
そんな問いかけをしながら
1人でも多くの親子が笑顔になれるお手伝いを
これからもしていきたいと思っています。
標準

障害が気づかせてくれたこと

「文京の教育」の5月号に

 

こんなコラムを書かせていただきました(^^)

 

 

文京の教育1

 

重度障害の弟がいる兄弟の立場で

 

幼少期に感じていたこと

 

弟がいたことで気づけたことなどを綴っています。

 

 

 

 

 

少し長いですが

 

読んでいただけると僕がなぜ日頃地域活動をしていて

 

どういう思いでわでかくらぶをやっているかが

 

分かっていただけるかなと思います(^◇^)

 

 

 

 

6月号にはこの続きで

 

自身の経験を振り返りながら

 

「笑顔の絶えない家族、常に辛そうな家族の違いや抜け方のポイント」

 

などを書いてみました。

 

 

 

 

来月号まで待てないという方は

 

遠慮なく直接聞いてください(笑)

 

 

 

 

これらの思いを元に

 

笑顔の家庭をたくさん増やしていきたいと日々奔走しています。

 

 

 

 

まだまだ力不足で発信力が弱いのが悩みなため

 

感想やアドバイスをいただけると助かります!!

標準

ヤフーニュースにて取り上げていただきました

先日朝日新聞さんから受けた取材が

 

ヤフーニュースと

 

朝日新聞さんのウェブ媒体ウィズニュースにて

 

記事になりました(^^)

 

 

 

キャプチャ

 

 

 

ヤフーニュースはこちら

 

ウィズニュースはこちら

 

 

 

 

「経済的な安定よりも、妻の気持ちが安定して笑顔でいてくれることが大事。」

 

 

 

 

 

流行らないかなぁ♪

 

 

 

 

 

ママが笑顔なら

 

家庭はなんとでもなると思ってます。

 

 

 

 

 

地域活動をしているのも

 

わでかくらぶを立ち上げたのもそのため(^^)

 

 

 

 

 

もちろんただ笑っていればいいわけではなく

 

ポイントはありますが

 

気になる方はご相談くださいね♪

標準

家族にとって大事なこと

社会福祉法人 全国重症心身障害児(者)を守る会の発行する雑誌「両親の集い」。

 

 

 

 

 

先日依頼をいただき

 

7月号に記事が載りました(^^)

 

 

 

 

 

重度障害の弟がいる兄弟の立場で幼少期に感じていたこと

 

弟がいたことで気づけたこと

 

今取り組んでいる事業や活動に至るまでの

 

ポイントなどを綴っています。

 

 

 

 

振り返ってまとめるいい機会をいただきありがたや♪

 

 

 

 

許可を頂いたので、シェアします(^◇^)

 

 

 

両親の集い1

 

両親の集い2

標準

メディア掲載情報

2016年5月27日

読売新聞英字版のThe Japan Newsにフリーペーパーの取り組みが紹介されました。

 

キャプチャ

 

【Childcare booklet published by fathers, for fathers】

http://the-japan-news.com/news/article/0002904032

 

2016年5月12日

フジテレビ系列バイキングで、わでかくらぶ音羽教室にて撮影された代表高山と育児パパ仲間の取材映像が放映されました。

 

 

2016年4月22日

読売新聞都民欄にフリーペーパーの取り組みが紹介されました。

 

13061960_1004426232974159_3690922472715687913_n

 

http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20160422-OYTNT50023.html

※リンク切れ

 

 

2016年4月8日

文京経済新聞にフリーペーパーの取り組みが紹介されました。

 

キャプチャ5

 

http://bunkyo.keizai.biz/headline/304/

 

 

2016年2月16日

東京都女性活躍推進白書に、育児シェアする共働き家庭のモデルとし代表高山家が取り上げられました。

 

キャプチャ2

http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/TEXT/2016/160216.htm

 

 

2015年5月14日

文京区子ども・子育て・まち情報 Jibunに、わでかくらぶを取り上げていただきました。

 

キャプチャ3

 

http://jibunmedia.org/?p=1078

標準

The Japan Newsに掲載されました!

先日掲載された読売新聞の記事が

 

英訳されて今日のThe Japan Newsに掲載されました(^^)

 

キャプチャ

 

 

記事はこちら↓↓↓

 

http://the-japan-news.com/news/article/0002904032

 

 

 

 

 

嬉しいことにこの記事を読んだ

 

カリフォルニアにお住いのネイティブさんから

 

メールまで来ていました♪

 

 

 

 

わでかくらぶもグローバル化しちゃったなぁ(^◇^)笑

 

 

 

以下原文掲載(^^)

 

Childcare booklet published by fathers, for fathers

The Yomiuri Shimbun

Takayama, second from right, and associates work on Ufufu, a magazine for fathers.

The Yomiuri Shimbun Young fathers in Bunkyo Ward, Tokyo, have begun publishing a free magazine to help parents avoid isolation by providing local information and feature stories, written specifically for fathers. It is available in limited areas for now, but they have a goal of distributing the publication to all households in the ward in the future.

The eight-page zine, Ufufu, will be published four times a year. The spring edition was the debut issue, featuring stories on places such as cafes where parents and children will receive a warm welcome.

Yosuke Takayama, 35, who runs a tutoring school in the ward, took the lead in establishing the periodical. He is the father of a 3-year-old boy. Among Ufufu’s staff writers are many fathers of the same generation who are interested in child-rearing, known as “ikumen.” Ikumen have a big presence on the zine’s staff, but mothers also help them out.

Ufufu is characterized by its abundance of stories to catch fathers’ attention. One example is “Papa-dojo,” which details conversations between fathers about their parental awareness. Also included is a childcare diary from a fathers’ viewpoint. They also plan to carry out a survey about husbands’ and wives’ attitudes towards child-rearing. In this way, this paper places importance on supporting and informing fathers who take care of children.

Takayama’s own experience gave him the impetus to create the booklet. While he shared child care duties with his wife who was busy with her own work, he had a strong feeling that there was a dearth of information about childcare and interaction with the local community.

Once he encountered some difficulties when his child was hurt. He didn’t know which hospital he should take him to. He was also aware that there were few fathers who were accompanying their children.

“It’s important for there to be many fellow fathers taking care of their children in their local community,” Takayama said. “And it’s natural that fathers share the housework and childcare duties as an increasing number of mothers are working. I want fathers to enjoy doing their part.”

He also expected to be connected with local people through the creation of the zine. High school students in the area will help out by designing the front cover from the next issue.

Takayama also said, “I hope that the publication creates an atmosphere where the whole community helps to take care of local children.”

One thousand copies of the booklet were published and the contents were also posted on Facebook. E-mail ufufu.info@gmail.com for more information.

 

標準

フジテレビ バイキング取材 & エッグハンティングイベント

昨日フジテレビのバイキングという番組の取材があり

 

わでかくらぶ音羽教室にパパ仲間と子どもたちが20名ほど集まりました(^^)

 

 

 

 

 

5月12日(木)に放映されるようです。

 

 

 

 

夫婦で育児をシェアしながら楽しんでる素敵パパ仲間ばかりですが

 

自称イクメンを斬るような内容っぽいので

 

変な感じに編集されていないといいな(^^;

 

 

 

 

今週の土曜日には

 

わでかくらぶエッグハンティングイベントを企画しました♪

 

 

 

 

教室中に隠した景品入りのタマゴをみんなで探します(^^)

 

 

 

 

 

英語の先生にも来ていただくので

 

ちょっとした英語を使いながら楽しみたいと思います(^_-)-☆

 

 

 

 

エッグハンティングの後は参加者みんなで色んな形に作った

 

米粉クッキーの型抜き&デコレーション(^^)/

 

 

 

 

わでかくらぶの生徒でない子も大歓迎です♪

 

 

 

 


【会場】
わでかくらぶ音羽教室

【日時】
5月14日(土)10時~12時

【会費】
500円

 

 

0001

標準

読売新聞都民欄に掲載!

報告遅れましたが先週の文京経済新聞さんに引き続き

 

先週金曜日の読売新聞朝刊の都民欄に

 

フリーペーパーのインタビュー記事が掲載されました(^^)

 

 

 

13061960_1004426232974159_3690922472715687913_n

 

 

ずいぶんいい男が写ってるなぁと思ったら

 

どうやら僕のようです。笑

 

 

 

 

いい感じにまとめていただきありがたい♪

 

 

 

 

以下からも見れるようです。

 

 

 

 

http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20160422-OYTNT50023.html

 

 

 

 

イクメン推しなのが気になりますが

 

『一緒に育児や家事をするのは当たり前』

 

という伝えたい文章が入っていたのでよかったかな(^^)

 

 

 

 

こんな思いでフリーペーパープロジェクトを立ち上げたのでした(^◇^)

標準

文京経済新聞さんに掲載!

先日プレ創刊号が完成した

 

フリーペーパーうふ・ふを

 

文京経済新聞さんに取材していただきました(^^)

 

 

 

http://bunkyo.keizai.biz/phone/headline.php?id=304

 

 

 

 

以下記事を転載します♪

 

 

 

 

【文京区の子育て応援フリーペーパー「うふ・ふ」がプレ創刊】

文京区の「うふ・ふ編集委員会」が3月26日、子育て応援フリーペーパー「うふ・ふ」のプレ創刊号を発行した。

文京区では2013年4月から「新たな公共プロジェクト」として、より豊かな地域社会実現のため、地域のさまざまな主体が関わり合いながら、地域課題の解決を図る担い手を創出していく取り組みや活動を支援している。

同冊子は2015年6月、「文京区の子どもから発信して、地域をつなぐきっかけを作る フリーペーパープロジェクト」として「新たな公共プロジェクト」に登録。同区内で学習塾「わでかくらぶ」(同区音羽2)を経営する高山陽介さんをプロジェクトリーダーに、地域内の子育て親仲間と協働で編集委員会を組織し、発行に向けて活動してきた。

高山さんは「2011年から文京区に住んで以来、私たちのような新しい住民と昔から暮らしている人とで交流する機会が少なかった。共働きで平日働いていると、地域の人と顔を合わせられる機会も多くない。いざ出産・育児となった時に、隣の人も知らないような場所では防犯や防災に不安があった」と話す。

高山さんは区内の子育てサークルの活動に参加したり、子どもの勉強だけでなく親のケアにもフォーカスした学習塾を立ち上げたりする中で、多くの子育て仲間や子育てで悩む人たちと出会ってきた。「フリーペーパーを通じて人をつなぐきっかけを作りたい。冊子を手に取って、さまざまな活動があることを知ってもらうと同時に、冊子の取材編集・イベントなどを通じて、子どもや大人を含め、多くの世代の人が顔の見える関係を築いていければ」と意気込む。

「私たちの子どもたちにとっての地元は文京区。将来、文京区が地元で良かったと思ってもらえるように盛り上げていきたい。普段からあいさつの声が聞こえる、昔ながらのちょっとしたおせっかいができるコミュニティーを作っていけたら」とも。

プレ創刊号は現在、「わでかくらぶ」、「文京子育て不動産」(同区千石)、「さきちゃんち」(同区小石川)などで配布している。今後は、同区内の都立高校の3年生と連携し、冊子の制作を行っていく予定。次回発行は7月を予定する。

標準

フリーペーパー情報解禁!

先日ご案内したフリーペーパーについて

 

文京区子ども・子育て・まち情報 Jibunさんに

 

取り上げていただきました(^^)/

 

 

 

http://jibunmedia.org/?p=1800

 

 

 

他にも耳より記事がたくさんあるので

 

ぜひご覧ください!

 

 

 

 

以下記事内容転載します。

 

 

 

【まち・メディア】文京区発!子育て世代向けフリーペーパー「うふ・ふ」製作中!春からは都立工芸高校生とコラボ

文京区の子育て世代が、地域をつなぐきっかけをつくろうと、フリーペーパー「うふ・ふ」の創刊に向けて始動中だ。2月中にプレ創刊号を出して企業などに 協力を求め、4月以降は本郷の都立工芸高校の生徒と一緒に製作を始める。2015年度の文京区新たな公共プロジェクトに登録されており、プロジェクトリー ダーの高山陽介さんは「多世代交流しながら地域全体で子育てをする環境をつくりたい」と話している。

「パパ対談の原稿、こんなかんじでいいでしょうか」「特集をどうするか、そろそろ決めないと」。1月、高山さんが主宰する音羽の学習塾「わでかくらぶ」 に、区内のフリー編集者やライターらを含む子育て中のパパ、ママが集まり、「うふ・ふ」プレ創刊号の内容について熱い議論が交わされた。A4版8ページの プレ創刊号では、子育てコミュニティースペース特集で小石川の「さきちゃんち」を紹介するほか、子ども歓迎の立ち寄りスポットとして千駄木の「ケープル ヴィル写真館&カフェ」や根津の「みのりCafe」、「千石こじゃり」などを取り上げている。

1月24日(日)、江戸川橋の文京総合福祉センター1階にある「Cafe BUNBUN」で、多世代交流カフェが開かれた。2歳児からお年寄りまで30名を超す人数でにぎわい、お手玉など昔遊びで交流を深めた。参加者による投票 で、名称は「えんがわ」に決定。多世代交流カフェの参画者でもある高山さんは「自分自身もそうだが、借家の新住民が地域と関われる機会が少ない。区内の子 育て世帯を中心に子育てサークルを運営しているが、そこの若い世代と上の世代がゆるーく楽しくつながれたら」と話す。「えんがわ」は毎月第4日曜日の10 時~12時に開かれる(大人100円、子ども無料)。「うふ・ふ」でもさっそく記事にして掲載する。地域の様々な人をつなぐのがプロジェクトのねらいでも あるからだ。

また、「うふ・ふ」の大きな特徴は、パパの子育てを売りにしていること。高山さんも1児のパパだが、編集部の「文京子育て不動産」代表、高浜直樹さんも 年明けに第2子が生まれたばかりのパパ。「うふ・ふ」では2人の対談も目玉にしていく方針だ。プレ創刊号は2月末に発行予定で、わでかくらぶ、文京子育て 不動産、さきちゃんちなどで入手可能だ。

今回は特別に「うふ・ふ」プレ創刊を先取りし、パパ対談第1回を先行公開する。(以下「うふ・ふ」プレ創刊号より)

ようちゃんなきちゃんの 白帯パパ対談
(ようちゃん:「わでかくらぶ」代表取締役の高山陽介さん。3歳男子のパパ)
(なきちゃん:「文京子育て不動産」代表の高浜直樹さん。3歳女子と0歳児のパパ)

ようちゃん(以下よ) さて、隠れメイン企画・パパ対談の第一回目のテーマは「パパスイッチが入った瞬間」ということですが、なきちゃんがパパスイッチ入ったのはいつ?
なきちゃん(以下な) 僕は、生まれた瞬間ですねぇ。出産に立ち会って、妻から娘が出てきた瞬間、ものすごく衝撃を受けました。
よ わかる! 僕も出産立ち会ったときの感動と衝撃は忘れない!! でも、「本当に自分の子どもなのかな?」という変な不安があった(笑)。
な 男って本当に自分の子どもなのか、なかなか実感できないですよね、DNA的な疑いではなく(笑)。最近僕は二人目が生まれたんですが、苦しんでいた妻が、出産直後「今回は安産だったー♪」と話している姿を見て、女性って強いなぁとしみじみ思いました。
よ 女性は強いよねー。そういえば立ち合い出産のとき、妻が握っていた僕の腕をあとで見たらあざが出来ていたよ。
な それはすごい。うちも立ち会い出産で手を握ってたんですが、生まれる瞬間、分娩台のグリップに持ち変えられちゃって、なんか寂しかった(笑)。
よ それは寂しい(笑)。
な でしょ(笑)。ところでようちゃんのパパスイッチは、いつ入りました?
よ 妻が仕事復帰してすぐ、8か月の息子が水疱瘡になって、僕が一週間息子の世話をしたとき。それまでも世話していたけど、完全にひとりでみたのは初めて だったので戸惑ったよ。泣きながら後追いして来るからトイレに行けなくて、膀胱炎になるかと思ったり(笑)。寝かしつけるときも、布団に置くと泣い て……。背中にスイッチついてるよね(笑)。
な うちの二人目も置くと泣く子で、いま大変です。健康に生まれてきてくれたから文句は言わないけれども! でも、まめに世話した甲斐あって、ようちゃん のお子さんはパパっ子ですよね。僕もいろいろやったけど、それでも必ず言われるのが「ママの方がいい」(苦笑)。物理的におっぱいがついていない構造上、 どうしても「手伝う」の域を出にくいですね。よくないんだけども。
よ 我が家も1歳までは「ママがいい」で寂しかったなぁ。最近は、ママが仕事疲れでイライラしていてパパの株が上がった(笑)。でも、僕は自由業だからな んとかなるけど一般的にはパパ主体の育児は難しいかも。僕のママ友は「パパに家事育児をやってほしいけど、やらせるとできなくてイライラするから自分でや る」と話していた。気持ちは分かるけど、パパも少し可哀想かも。僕は元々家事好きだからよかったけど、パパの仕事がハードだと育児スキルの差は広がる一 方。パパが育児したいと思っても、ママに「危ない」と言われたら遠慮してしまうよね。
な これはイクメンブームと功罪かなぁと思うのですが、妻は家庭、夫は仕事で上手く行っていた家庭もあると思うんですよね。それなのに、最近は、育児が上 手くできないとダメ夫みたいな。多様性として主夫も専業主婦もあっていいと思うんですよね。僕個人としては夫も子育てを楽しめたほうが豊かになる思います が。
よ そうだよね。ちなみになきちゃんの家の家事分担はどれくらい?
な 4:6でやや妻が多いです。以前は7:3で僕が多かったのだけど……。うちも奥さんは会社員で僕が自由業ですから、僕が子育てしやすいんですよ。あ、今度、パパによるパパスキルアップ講座しましょう。女人禁制で愚痴こぼしながら(笑)
よ それいいね(笑)。ってことで、今回はこれまで~。