意欲のスイッチ

脳の特性で
数字の処理が非常に不得意な4年生の生徒A。

1桁の計算でもかなり時間がかかってしまうので

ケタ数の多いわり算ひっ算なんてまるで拷問…。

やる気はあるのですが

かみ砕いて取り組んでも途中でガス欠になり
思考停止して現実逃避してしまいます。

文章題なんてもっての外…😅

そんなAに魔法の道具を渡してみました。

デデン!

「けいさんき~!!」

今まで使ったことがなかったのでやり方を説明して

それをひっ算に当てはめる方法を説明すると
『あ、分かったかも!面白い!!』
自らどんどん問題を進めて
15分かけて1問がやっとだった今日の宿題を
あっという間に終わらせてしまいました。

あまりがある問題なんて

『わからない、やりたくない!』
と、今まで見向きもしなかったのに
『これどうやってやるの?これで合ってるかな?』
と工夫したり
自ら僕に質問しながらどんどん解いてしまいます。

さらに終わってからも

『もっとやりたい!問題出して!!』
と言って
今まで分からず飛ばしていたドリルのわり算問題を探しては
1時間以上休みなく取り組んで
空欄だったところを全て埋めきってしまったのでした。

担任の先生に参考のメモを貼っておいたけど

Aを褒めてくれるといいな~♪

頭でやる計算でつまづいていても

答えを導き出す方法が自分で分かれば
面白いように取り組んでしまうんですよね。

こういうスイッチの入る瞬間がたまりません😍

コメントを残す