Page 1
標準

ゆめぴっく宇宙桜グランプリ2019審査会

宇宙桜って聞いたことありますか?

 

 

 

 

 

若田光一さんと共に

 

スペースシャトルエンデバーに乗せた桜の種。

 

 

 

 

 

地球帰還後

 

本来種が発芽してから

 

花が咲くまで10年かかるところ

 

宇宙桜はどうしたわけか

 

たった4年で花が咲いたとのこと。

 

 

 

 

 

なぜかは未だ

 

解明されていないそう(@_@)

 

 

 

 

 

そんな不思議な宇宙桜を

 

いろんな形で表現するアートイベント

 

「ゆめぴっく宇宙桜グランプリ」

 

 

 

 

 

 

縁あって今回

 

審査員&実行委員として

 

お手伝いさせていただいてます。

 

 

 

 

 

今日はその審査会が行なわれ

 

下は1歳から上は60代まで

 

 

 

 

 

イラスト、ハンドメイド、音楽、

 

映像、パフォーマンスなどの

 

様々な魅力的な作品が集まっていました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

渋谷で開催される桜丘桜祭りにて

 

3月29日には表彰式

 

30日には発表会もあります。

 

 

 

 

 

審査員も素敵な方達だらけなイベントなので

 

よかったら足を運んでみてください♪

 

 

 

 

 

宇宙桜グランプリ

標準

先生向けの講演会を終えて

日曜日に開催された

 

東京都教職員組合青年部主催の学習会にて

 

ゲスト講師をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

わでかくらぶを始めた経緯のひとつに

 

頑張り過ぎてる先生たちがもっとラクになってほしいという思いがありました。

 

 

 

 

 

みなさんたくさんメモを取りながら僕の話に耳を傾け

 

色々と共感いただけたようで嬉しかったなぁ♪

 

 

 

 

またありがたいことにひょんなところから

 

7月に高崎にてセラピストさん向け発達障害理解の

 

講師依頼をいただいています。

 

 

 

 

自分のように勉強嫌いにならないように

 

受験前に学ぶ楽しさを身に着ける場を作りたいと思って

 

立ち上げたわでかくらぶでしたが

 

目の前の課題にひたすら取り組む中で気づいたことが

 

当初とは全然違う形で必要とされる場が増えてきています。

 

 

 

 

 

面白いものですね(^^)

 

 

 

 

全ての本質は同じなので

 

もっと色々な方、業種と連携しながら

 

子どもたちの未来をゆるーく楽しく

 

明るく変えていけますように!

標準

本日仕事納め

護国寺から千石に移転して
早いもので丸2年が経ちました。
 
今年も新たなユニークな子どもたちとたくさん出会えて
たくさんの成長を見ることができ
楽しい一年を過ごさせていただきました♪
 

来年ももっと多くの親子の笑顔を見れるように

更なる精進をしたいと思います。
 
みなさまよいお年をお迎えください(^^)
標準

東京都教職員組合学習会にてゲスト講師

年明け1月26日(土)に開催される

東京都青年教職員主催の学習会で

ゲスト講師をさせていただくことになりました(^^)

 

 

 

 

≪子どもに学ぶ楽しさを♪子どもサポートで笑顔の家庭を増やしたい≫

というテーマでお話しさせていただく予定です。

 

 

 

 

わでかくらぶを始めた経緯のひとつに

先生たちがもっとラクになってほしいという思いがあったので

こういう機会をいただけるのはありがたい♪

 

 

 

 

教職員でなくてもどなたでも参加OKとのこと。

 

 

 

 

興味ある方はいかがでしょう?

 

標準

マンガ家嵩瀬ひろし先生の親子なぞなぞ作り方教室

 

12月16日(日)の午前中に

漫画家でなぞなぞ作家の嵩瀬ひろしさんと

なぞなぞ作り方教室を開催します(^^)

 

 

嵩瀬さんは男子のバイブル

てれびくんのヒーロー挿絵や

コロコロコミックの連載

マクドナルドにて夏に配布されていた

ポケモンクイズブックなども描いている

大ベテランの先生!

 

 

 

昨年息子が入院したときに買ったり

お見舞いでいただいたなぞなぞや迷路の本を見直すと

全て嵩瀬さんの作品で驚きました!!

 

 

 

そんな嵩瀬先生がひょんなご縁で

親子向けの講座を今後企画していきたいと

先日相談にいらっしゃり

10月に未就学児向けの講座をやってみたところ

14組の親子参加で大盛り上がり(^^)

 

 

 

小学生向けにもやってほしいとの声が多かったので

今月企画しました♪

 

 

 

教えていただいた作り方のコツをもとに

先日6歳息子とドライブ中に試しにやってみたら

2時間大盛り上がり!

 

 

 

親子のコミュニケーションにも大活躍です(^O^)

 

 

 

教育制度が大きく変わり

子どもたちに求められている

論理的思考力アップにうってつけのなぞなぞ作り

親子でいかがでしょう?

 

 

【日時】
2018年12月16日(日)
10時~12時

【会場】
文京福祉センター江戸川橋 4F視聴覚室
http://care-net.biz/13/lien/
東京都文京区小日向2-16-15

【対象】
小学生の親子(未就学児は応相談)

【会費】
親子3000円(ひと家族何人でもどうぞ♪)

標準

これだけやれば3か月で受かる保育士講座!

 

限られた時間で

”これだけやれば受かる教材”

で効率よく学習し

試験で最大限の力を発揮するための

脳科学をベースにしたようちゃん先生の

3か月で受かる保育士講座。

 

 

 

 

31年度前期試験(4月)に向けて

説明会を開始します(^^)

 

 

 

ありがたいことに

ママの活躍に力を入れている

人材派遣会社㈱ドリバーさん

に賛同・評価いただき

今回から一緒に講座を開催することになりました。

 

 

 

保育士不足に少しでも貢献出来たらという思いから

この5年ひとりで細々と開催し続けてきたのですが

より多くの方々のサポートが

出来るようになると思うと楽しみです!

 

 

 

事前説明会は

以下4日程を予定しています。

 

———————————————————————
12月9日(日)・22日(土)の14時~16時
1月6日(日)・13日(日)の10時~12時/14時~16時
———————————————————————

 

 

保育士試験で勉強することは

保育士として勤めるだけでなく

知ると子育てをする上で役立つ内容が満載なので

絶賛育児中のパパママにもおススメです(^^)

 

 

 

説明会当日は講座の内容だけでなく

他の資格試験にも役立つ

脳科学を活かした

効率のいい受験勉強の仕方もお伝えします。

 

 

 

興味ある方は

気軽に説明会にお越しくださいね♪

 

 

 

以下保育士講座について。

 

—————————————————————————– 

今から6年前。

 

 

待機児童の多さに驚愕し

息子が保育園に入れなかったときのためにと

独学で受験した保育士試験。

 

 

2ヶ月半の勉強で合格した経験から

身近なパパ友ママ友からの希望でサポートをすると

嬉しい合格者が続出♪

 

 

保育士不足に少しでも貢献出来たらと

毎回おせっかいで開催し続け

早9回目となりました!

 

 

ちなみに過去の実績は

 

◎26年度は7名中2名合格。

 

◎27年度は8名中、1次試験4名、2次試験3名合格。

 

◎28年度は前期8名中3名合格(内2名一発合格)。

後期は9名中3名合格(内1名一発合格、2次試験全員合格!)。

 

◎29年度は前期7名中4名合格(内1名一発合格、2次試験全員合格!)

後期は7名中4名合格(内1名一発合格、2次試験全員合格!)

 

◎30年度前期は10名中5名合格

(内1名一発合格。2次試験全員合格!初受験で2名があと1点で惜しくも合格ならず…。)

 

再受験も含む合格率20%程度の試験ですが

最低でも半年~1年必要とされる中

子育てしながらの短期間での合格率は

おかげさまで業界トップクラスです!
 

 

受講いただいたみなさま

嬉しい結果を出していただきありがとうございます!!

 

 

ちなみに過去には

 

・乳幼児を抱える育休中の方

・産休中のママ

・フルタイムで働くパパママ

・大学生

・仕事をリタイアした方などなど

環境、背景の違う幅広い方々に受講いただいているので

どんな方でもご安心を!

 

幼少期から机に向かって勉強をすることが苦手で

学校でも塾でも家でも呆れられてきた僕が

6年前の保育士試験で自ら試してみたら

面白いように点が取れた学習方法でサポートしています!

 

 

当時合格率10%台(再受験も含む)だった保育士試験ですが

最低でも半年~1年必要とされる中

2ヶ月半の勉強期間で一発合格。

 

 

ちなみに大学受験時の偏差値は40台後半。

 

 

暗記科目は特に苦手でしたが

そんな僕でも不思議と頭に入りスラスラ解けてしまったのです。

 

 

限られた時間の中で楽しく勉強し

余裕持った点数を取ることが出来たのにはコツがあります♪

 

 

・育児休暇中などの時間を活用したい方

・仕事や日々の活動に活かしたい方

・ちょっと興味があったんだよなぁという方

・実は過去に受けていて次回再受験予定という方

・他の通信教材で勉強して挫折した方

・保育について知識を深めたい方などなど

勉強仲間を作って一緒に挑戦しませんか?

紹介も大歓迎です。

筆記対策だけでなく、2次試験の実技もサポートします!

我こそはという方は、件名に【保育士講座受講希望】と書いて

 

info@wadeka.club

 

まで連絡ください(^^)v

他の教材などを利用して一人で行き詰まっている方なども

気軽にご相談くださいね(^^)
 

余裕を持った勉強のスタートを切れる

12月中は早割(40%オフ)しています♪
 

 

【3ヶ月で受かる保育士資格講座】

 

《費用》

説明会時にご案内します。

 

《募集締め切り》

初受験の方:平成31年1月15日(火)

再受験の方:随時募集

 

《受講条件》

 

●受験資格がある方。←これがないと受験申請ができません。

【保育士受験資格】

①4年制大学を卒業

②4年制大学に2年以上在籍し、62単位以上習得

③短大若しくは専門学校を卒業

④中学若しくは高校卒業後、児童福祉施設などで2年以上の勤務経験がある

 

●31年度前期保育士試験の日程が都合つく方。

※一次の筆記試験は平成30年4月20日(土)、4月21日(日)

二次の実技試験は平成31年6月30日(日)です。

 

●週10~15時間の勉強時間を確保できる方(トータル100〜150時間程度)。

 

●子どもが好きな方。

 

以上\(^o^)/

標準

来年度力を入れて取り組んでいきたいこと

今回は僕がどんな背景で

 

わでかくらぶや子育て地域活動をしてきたか

 

お話ししてみたいと思います。

 

 

 

 

少しでも気付きになれば幸いです。

 

 

 

 

長くなりますがお付き合いくださいm(__)m

 

 

 

 

今まで子どものサポートにフォーカスしてきましたが

 

来年度は親のサポートにフォーカスした活動に

 

力を入れていきたいと考えています。

 

 

 

 

教育の仕事について8年

 

子育てを通じた地域活動をし始めて6年。

 

 

 

 

多くの親子と関わって気づいたことは

 

「親は子育てのプロではない」

 

ということ。

 

 

 

 

子どもが生まれたばかりの頃は

 

誰もが子育てのど素人。

 

 

 

 

過去の経験や本やネットで調べたり

 

周りの力を借りながら

 

手探りでやっていくものですよね。

 

 

 

 

かといって

 

子どもは兄弟でも全然タイプが違うものだし

 

これをやったらうまくいくという

 

正解もなかなか見つからないもの…。

 

 

 

 

今では家の近くに頼れる人がたくさん出来ましたが

 

我が家も子育てを始めた頃は近所に知り合いが皆無で

 

夫婦孤独な子育てからスタートしました。

 

 

 

 

ネットや本でいろんな情報を調べては

 

不安になることもしばしば…(^_^;)

 

 

 

 

子どもの夜泣きの声も

 

近所迷惑に思われているんじゃないかと

 

ビクビクしていたことを今でもよく覚えています。

 

 

 

 

20代前半は頭髪化粧品メーカーの営業として

 

美容師さんの相談に乗っていました。

 

 

 

 

20代後半は生命保険営業として

 

家族のライフプランの相談に乗っていました。

 

 

 

 

30代前半は教育の仕事と並行して

 

障害に対する世の中の認識を変えたいという思いで団体を立ち上げ

 

障害児を抱える家庭と一緒に楽しめるイベントを企画したり

 

同時に介護の仕事を通じて被介護者を抱える家庭の生活相談に乗っていました。

 

 

 

 

 


そして30代後半に立ち上げたわでかくらぶでは

 

学校や発達に悩みを抱える親子のサポートに力を入れています。

 

 

 

 

振り返ると色んなことをやってきましたが

 

全て相談やサポートすることを

 

好んで選んでいることに今更ながら気づきました。

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 

 

1つ下に重度障害の弟がいたり

 

高校まで結構なイジメにあってきたのですが

 

親に心配かけちゃいけないと無意識に思う中で

 

人に頼ったり甘えるのが苦手なまま大人になりました。

 

 

 

 

あの頃親以外で

 

自分でも気づかない気持ちに寄り添ってくれたり

 

相談したり頼ったり

 

助けてくれる人が欲しかったんだという原体験から

 

無意識に人をサポートする仕事を選んでいるんだろうな。

 

 

 

 

子育てほど未来を創造する仕事はないと感じています。

 

 

 

 

未来を創るのは子ども達。

 

 

 

 

その子どもたちが力を発揮していけるためには

 

同時にその子を育てる親のサポートも非常に大事です。

 

 

 

 

ほとんどの親は子育てのプロではないのだから

 

うまく出来ないのが当たり前なのに

 

出来ていないことに責任を感じたり

 

抱え込んで潰れてしまっている方があまりに多いんですよね…。

 

 

 

 

だからこそ

 

もがき苦しんでいる方たちを

 

今までの経験から全力でサポートすることに

 

尽力していきたいと思っています。

 

 

 

 

大人だって人に頼るのが大事!

 

 

 

 

僕は苦手なことや

 

1人では出来ないことが多いので

 

日々仲間に助けられています。

 

 

 

 

色んな方に支えられてきたおかげで

 

今楽しく過ごすことが出来ています。

 

 

 

 

頼るって最初の一歩はものすごく勇気がいりますが

 

振り返ると思い切ってよかったなと思えるもの(^^)

 

 

 

 

1人で悩んでいる方がいたら

 

何でも解決できるわけではありませんが

 

一緒に最善策を考えていきますので

 

どうぞ気軽にご相談くださいね!

標準

嬉しい報告に涙!!

読み書き困難のある

 

Aくんのお母さんから嬉しいメール!

 

 

 

——————————————————————————————————————————

今日の漢字テストで96点をとれたそうで、先程担任の先生から電話で連絡をいただきました。
先生もとても喜んで下さいました。

息子もかなり嬉しそうで、ようちゃん先生のおかけだと喜んでいて、自信にあふれた表情でした。
本人が努力すればできるという自信がつくことが、何より嬉しいです。
本当に丁寧に教えていただき、ありがとうございました。

本当に、ようちゃん先生には、本人や家族共々、感謝でいっぱいです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

——————————————————————————————————————————

 

 

嬉しくて涙出た!!

 

 

 

長年積み重なった苦手意識から

 

やらなきゃいけないと思っていても頭が痛くなったり

 

具合が悪くなっていダウンしていたAくん。

 

 

 

 

頑張り方をちょっとずつ変えながら

 

何度も心折れながらでしたが

 

本当によくやりきりました。

 

 

 

 

嬉しすぎて電話したら弾んだ声で

 

「ようちゃん先生のおかげで頑張れた!感謝しかない!!もっとわでかにたくさん行きたいな。」

 

という嬉しい言葉に更に涙(T_T)

 

 

 

 

 

こういう奇跡的な成長を近くで見させていただけるのは

 

ほんとありがたく幸せです♪

標準

公立の教員 半数以上“過労死ライン超え”

学校の先生方の忙しさは

 

誰しもがご存知のことかと思いますが

 

このニュースにある数値を見ると

 

改めて考えさせられますね(+_+)

 

 

 

 

 

仕事量が多いだけでなく

 

学校の先生というアイデンティティは強く

 

休みの日も気持ちがオフにならず

 

気を休めるのが難しいという話を

 

先日聞いてなるほどなと思ったところ。

 

 

 

 

 

消防士さんやおまわりさんが

 

非番の日に火事や犯罪を見かけたとして

 

オフだからといって素知らぬ顔を出来ないのと

 

同じだなぁと感じました(^^;

 

 

 

 

 

妻も出かけ先で周りを気にしてるもんなぁ。

 

 

 

 

自分が子どもの頃よりも

 

今の先生たちの仕事は増えているだけでなく

 

制限もかなり多そうで

 

よくやっているなと頭が下がる思いです…。

 

 

 

 

 

内情を見ると

 

先生たち個人のスキルと

 

頑張りや忍耐でなんとかなっているだけで

 

ほんとギリギリだよなぁと(T_T)

 

 

 

 

 

来年我が子もついに小学生。

 

 

 

 

 

お世話になる先生方とは

 

いい意味で持ちつ持たれつの関係を作っていきたいなぁ。

 

 

 

 

 

色んな先生がいて

 

相性もありますが

 

先生の背景に寄り添いつつ味方でいたいものですね(^^)

 

 

 

 

 

以下記事全文。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

労働組合が行ったアンケートで、全国の公立学校で働く教員の半数以上が、過労死ラインを超えるような長時間労働となっていることが分かった。

これは、労働組合の全国組織「連合」が、先月、全国の公立学校で働く教員1000人を対象にアンケートしたもの。

「時間内に仕事が処理しきれない」と答えた教員が全体の82.8%を占め、「週60時間以上」働き、過労死ラインを超えるような長時間労働になっている教員の割合は、全体の53.4%にのぼった。

働き方改革”が叫ばれる中、およそ6割の教員が「今年度になって管理職から早く退勤するように言われた」と回答。このうち半数近くが、「持ち帰り仕事が増え、総労働時間は変わらない」と答えている。

連合の神津会長は、「過労死ラインを超えて教職員が苦労しながら働いている実態は深刻だ」として、労働環境を改善するよう訴えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

標準

最後の運動会からのなぞなぞ作り方教室

土曜日は息子の通う保育園最後の運動会

 

そして

 

日曜日はわでかくらぶ企画のなぞなぞ作り方教室でした(^^)

 

 

なぞなぞ教室は

 

ありがたいことに14組ものご家族に参加いただき

 

嬉しい大盛り上がり!

 

 

 

 

ご参加いただいたみなさま

 

ありがとうございました♪

 

 

 

 

 

先生にも喜んでいただき

 

よかった~とホッとしてフェイスブックを立ち上げると

 

息子が生まれたばかりの投稿が出てきて

 

色んなことが走馬灯のように思い出されました。

 

 

 

 

 

 

近所にまだ誰も知り合いがいなく

 

育児もど素人だった6年前。

 

 

 

 

息子のおかげでたくさんの地域の方や

 

子育て仲間と出会うことができ

 

妻との絆も深まり

 

日々葛藤したり気づかされたことがスキルになって

 

今の仕事が出来ていると思うと

 

感謝しかありません。

 

 

 

 

 

昨年まさかの骨折入院はあったものの

 

特段大きな病気もなく

 

健康に育ってくれてありがたい限りです!

 

 

 

 

 

ただただ寝て起きて泣いてミルク飲んでう○ちするだけだった息子も

 

運動会では組み体操にダンスにリレーに

 

6年前には想像つかなかったような活躍を見せてくれました。

 

 

 

 

なぞなぞ教室でも先生の話を聞いて

 

自分で考えてひとりでなぞなぞ作成。

 

 

 

 

周りの子たちを見ると

 

つい息子より出来ているところに目がいってしまいがちだけど

 

我が子だけ見てみると

 

ほんと驚くような成長をしているなぁと感じます(;o;)

 

 

 

 

 

土日も多忙な妻のおかげで

 

息子と2人で過ごす時間を

 

一般的な家庭よりも何倍も多くいただけただけでなく

 

妻は僕のことを立ててくれ

 

やりたい仕事も応援してくれているので

 

ほんと家族に恵まれてます。

 

 

 

 

 

妻よ、いつもありがとう!

 

 

 

 

息子は来年から小学生。

 

 

 

 

 

まもなく手を離れてしまうと思うと寂しくもあるけど

 

適度に子離れしつつ自立していく様を

 

楽しんでいきたいなと思います(^O^)