人事を尽くして天命を待つ

意味:人間の能力でできる限りのことをしたら、あとは焦らずに、その結果は天の意思に任せるということ。

 

※故事ことわざ辞典より

 

 

 

 

先月まで勉強が嫌で何も手につかなかった生徒が

 

急に受験スイッチが入り

 

自ら積極的に勉強をするようになったり

 

 

行きたいのに学校に行けず苦しんでいた生徒が

 

2学期から毎日学校に行けるようになったり

 

 

2年前はイスに座れないどころか

 

エンピツすら持てずひと苦労だった生徒が

 

今や他の生徒や保護者から一目置かれる存在になっていたり

 

 

立て続けに嬉しい姿を見させていただいています(^^)

 

 

 

 

保護者と振り返りながらお話ししていて

 

共通して言われたこと。

 

 

 

 

『子どもの特性を受け止めて、優しく見守ってくれていた』

 

 

 

 

なるほど!

 

 

 

 

 

そこがよかったんだと

 

ありがたい気づきをいただきました(^O^)

 

 

 

 

何か特別なことをしたわけではなく

 

心配事や悩みをどうしたらいいか一緒に考えながら

 

その子の可能性を信じて見守ってきたことがよかったんだなぁと。

 

 

 

 

周りの大人が手をかけすぎると

 

よからぬ結果になることも多々(^^;

 

 

 

 

 

植物と同じで

 

その子に合わせた育ちやすい環境を整え

 

出来ることを尽くしたら

 

あとは焦らずに待つ方が結果うまくいくものですよね(^^)

 

 

 

 

まさに人事を尽くして天命を待つ!

コメントを残す